タクシードライバーで年収アップを目指す【最低賃金を保証】

コンテンツ一覧

条件絞り込みが豊富

面接

適合する職場が見つけ易い

貿易事務とは、輸出入貿易に関する各種の事務を行う仕事です。外国の取引先とやり取りを行い、輸出なら商品発送の為の諸手続き、輸入なら注文の手続きを行います。国内においては同様の仕事は単に事務とは営業事務と呼ばれますが、貿易事務が特殊なのは、商品が国をまたぐという点と外国語を使っての仕事になるという点です。まず商品が国をまたぐ場合には、税関という場所を通さなければいけません。これは日本側と相手側の両方に設けられています。この税関を通す手続きには様々な書類が必要になり、文言通り一字一句間違えても通りません。この作業の事を通関といいますが、日本では税関に勤めるための資格である通関士という資格があります。この資格がなくても貿易事務は出来ますが、持っているとより通関業務を理解出来るので資格保持者は貿易事務募集には有利です。求人サイトでもこの資格優遇をしている企業かどうかを絞り込み検索で調べる事が出来るので、通関士を持っている人は利用すると便利でしょう。二つ目の外国語についても貿易相手国がどこかによっても変わってきますが、概ね英語は共通語ですので英検2級程度の資格はあった方が有利です。こちらの資格についても企業がどの程度のレベルを求めているかを求人サイトの検索で確認出来るでしょう。英語以外にも現地語の技能を求められる事もあり、その場合の絞り込みも求人サイトで可能ですから、確認してみましょう。自分の持っている資格ならどの企業が受け入れてくれるのか、あるいは優遇制度があるのかが求人サイトを使えば簡単に調べられます。

Copyright© 2018 タクシードライバーで年収アップを目指す【最低賃金を保証】 All Rights Reserved.